自己破産の理由がギャンブル依存…大丈夫?

自己破産の理由がギャンブル依存…大丈夫?

MENU

自己破産の理由がギャンブル依存…大丈夫?

自己破産は全ての借金をゼロにしてくれる法的に認められた手段です。しかしいくら法的に認められているからといって、どのような場合でも利用できるのであれば、金融機関側としてもリスクが大きすぎるうえ、社会秩序の観点からいっても適切だとはいえません。
そこで自己破産には免責不許可事由というものが定められており、ここに定められた事由に該当する場合は、自己破産することができないということになっています。
免責不許可事由にはさまざまな要件が定められています。たとえば破産手続き中に虚偽の証言をしたり、財産を隠したりといった不実な行為を行った者については自己破産をすることができないとされています。さらに借金の性質もここでは重要視されており、一定の理由による借金については、自己破産を認めないとされているのです。
免責不許可事由に該当する借金の理由はギャンブル、株などの投資、浪費などです。これらの理由で借金が増えたとみなされる場合は、裁判所が破産を認めないのです。ギャンブルなどは借金をする理由として常に上位に挙げられるものですので、この要件が厳格に適用されれば、自己破産できない人は相当数に上ると考えられます。
ただしこれらの免責不許可事由に該当するかどうかは、あくまでも裁判所の判断によります。したがってギャンブルによる借金がふくまれているからといって、自己破産ができないわけではないのです。詳細を知りたい人は弁護士などに相談すれば、適切なアドバイスを受けることができるでしょう。